忍者ブログ
1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



松沼兄弟の「投球フォーム別パーフェクトバイブル」 []



こんにちは、リアルスタイルの平山と申します。

貴方もお子さんが練習する姿を見ていて、このように感じたことは御座いませんか?

実は、このような悩みを抱えているのは、貴方だけでは御座いません。

真剣にお子さんの上達を考えているお父さんの多くが、同じように悩んでいます。

毎日毎日、一生懸命にピッチング練習をするわが子を見て

「父親として、何か力になれることはないだろうか…?」

と心の中で思っているのです。

お父さんのお子さんを思う気持ちはよくわかります。

もっと上手くなれるようにサポートしてあげたいし、
欲を言えば、レギュラーを勝ち取って試合でバリバリ活躍して欲しい。

勿論、高校、大学と進学しても野球を続けて欲しいし、
出来ることなら、甲子園やプロを目指して一生懸命にがんばって欲しい。

でも現実には、ピッチャーはライバルが多く、
レギュラーを獲得すると言っても簡単に出来ることでは御座いませんよね。

しかし、ご安心下さい。

今回、西武ライオンズの黄金時代を築き上げた「松沼兄弟」に、
貴方のお子さんをオンリーワンのピッチャーに育てる方法を教えていただきました。

体格や筋力に関係なく、かけがえのない重宝されるピッチャーに育てる方法が
どんなものか、貴方も気になりませんか?

これから具体的な方法をご説明する前に、貴方に一つ質問があるのですが…


「才能かな…?センスかな…?連投出来るスタミナかな…?」
「それとも、美しいフォームで投げられることかな…?」

勿論、これらも全て大切な要素ですが一番重要というわけでは御座いません。

野球の監督・コーチの多くが、レギュラーのピッチャーに求めていることは…

第一に、速いボールを投げられること。

そして第二に、正確なコントロールで投げられること。

この2つです。

言われてみれば当たり前のことですが、
試合で勝てるピッチャーになる為には、2つとも避けては通れない技術ですよね。

とは言え、ライバルが多く競争が激しいピッチャーの中で、
ボールの速さとコントロールを武器に戦い、生き残っていくのはとても大変なことです。

体格の小さい選手や、筋力の弱い選手にとっては不利であり、
眠っている才能を開花させる前に潰れてしまうかもしれません。

「もっと上手くなって欲しい、もっと野球を好きになって欲しい」と思っているのに、
激しい競争の中で可能性を潰してしまったのでは、元も子も御座いませんよね。

しかし、スピードやコントロールでライバルと競争をし無くても、あることを習得すれば、お子さんをオンリーワンの存在感あるピッチャーに育てることが出来るのです。

「えっ、本当にそんな方法があるの…?」

と思われたのなら、ここからの話は重要です。

松沼兄弟直伝の「オンリーワンのピッチャーを育てる方法」をご紹介しましょう…


結論から申し上げます。

オンリーワンのピッチャーを育てる方法

それは…

「アンダースロー」を習得させることです。

 

「アンダースローって、下手投げのことでしょ…?」
「どうしてそれがオンリーワンの投手に育てることになるの…?」

もしかすると、このように思われるかもしれません。

何故、アンダースローがオンリーワンのピッチャーを育てられるのか?

その理由についてお話します…

他力本願不動産投資実現マニュアル 2つの知恵と7つの生活改善でアトピー性皮膚炎を克服する方法 【模擬面接付】現役面接官が教える「超氷河期入社面接突破マニュアル」(面接官が落とせなくなる10の実践スキル) 主婦でも出来た!出会いサイト運営で月1000万円稼ぐ業界裏側ノウハウ 土方隆行の2日間で覚えるエレキギター・レッスン スコット先生の発音大学2011 有末やよいのプライベート・レッスン~今すぐ使える恋愛トーク術


貴方もご存じのとおり、アンダースローのピッチャーは、とても数が少ないです。

プロ野球の試合を見ても数える程しかいません。

更にそれが少年野球となると、存在そのものがとても貴重なものになります。

「何故、アンダースローのピッチャーはこんなに少ないのでしょうか?」

強い下半身が必要、オーバースローより敷居が高い等の理由も少なからずありますが、

実は、アンダースローを正しく教えられる指導者が殆どいないのです。

 

野球では、まずキャッチボールの基本として上から投げることを教えてもらいます。
野手であれ投手であれ、オーバースローで投げることが基本になります。

ですから、オーバースローは比較的自然に身に付きますが、
アンダースローは、わざわざ意識して習得し無くてはなりません。

しかし、9割以上のピッチャーが実践しているオーバースローに対して、
アンダースローには、お子さんをオンリーワンに育てるメリットが数多くあります。

例をあげてみましょう。

アンダースローはオーバースローに比べ…

変化球のキレが抜群に良くなる
コントロール精度が向上する
腰の回転を利用した速いボールが投げられる
中学、高校と進学したときに、チームに一人だけの強い武器になる
体への負担が少ないので、ケガや故障のリスクが少ない
殆どのバッターが経験したことのないボールを投げられる!
つまり、ストライクを取りやすい!
ライバルが多いピッチャーの中で、長く活躍する事が出来る
このように、体格や筋力の差を全て帳消しにする程のメリットを得られるのです。

また、投球フォームもしなやかで美しいため、少年野球でもプロ野球でも、
アンダースローのピッチャーが登板すると、観客席から大きな歓声があがります。

現役プロ野球選手でアンダースローと言えば、ロッテの渡辺俊介選手が有名です。

世界一低いと言われるアンダースローが特徴で、通称「ミスターサブマリン」です。

2006年のWBC、先発での活躍も記憶に新しいのでは無いでしょうか?

渡辺俊介選手がアンダースローへ転向したきっかけは、お父さんの…

「もし高校、大学と野球を続けたいのであれば、
このままやっていても厳しいから、アンダースローに転向してみないか?」

という一言だったといいます。

渡辺選手も自らの著書の中で…

「もし、アンダースローの投手でなかったら、いまのわたしは絶対に存在していないでしょう。」
「アンダースローだから、ここまで生き延びてこられた。それは間違い御座いません。」

と書き綴っています。

いちばん身近な存在であるお父さんが、子どもの素質を見抜いていたのですね。

ほかにも、ライオンズ黄金時代に松沼博久氏とバッテリーを組んだ野村克也監督は
「日本はもっとアンダースローの選手を用意した方がいい」と語られています。

「じゃ、アンダースローを習得すればうちの子もレギュラーを勝ち取れるかな…?」

と思われるかもしれませんが、転向を考える前に注意すべき点が3つあります。

 

PR


11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
HN:
松沼兄弟の「投球フォーム別パーフェクトバイブル」
性別:
非公開